用途に合った印章を

印章と一口にいってもさまざまな種類があり、個人向けのものと法人向けのものに大別することができます。
これらのうち、個人向けに販売されている印章に関しては、用途に合ったものを選ばなくてはいけません。


たとえば印章には実印、銀行印、認印、訂正印など多くの種類がありますが、どのような印鑑でも有効に使えるというわけではないのです。
実印を例に出すと直径8mmの正方形におさまるサイズしかなかったり、直径25mmの正方形におさまらないサイズであったりすると、実印登録をおこなうことができないのです。
また、三文判では登録が認められませんし、本名が刻印されているものでないといけないなど、印鑑登録をするための条件が実印だけでも多くあります。
これと同様に銀行印などにも登録するための条件がありますので、決まりにしたがった印章を購入しなければいけません。


また、印章は使用されている素材、採用されている字体などによる違いもあります。
実印をまた例に出しますが、ゴム印などのように変形しやすい素材の印章では登録が認められませんし、外枠がない、文字が切れている印鑑も登録できないのです。
したがって、サイズだけでなく素材や字体も決まりにしたがっているものを選ぶ必要があります。


以上のように、印章を購入する際には用途に合ったものを買い求めなければいけないのです。
当サイトでは、実印や銀行印など選び方に注意しなければいけないものに関し、どのようなものを購入するのが適しているのかを解説しますので、印章購入時の一助になれば幸いです。


▼外部リンク▼
実印登録をおこなうことができる本格的な印鑑を購入出来る通販サイトです → 印鑑

Copyright © 2014 個人の印章をつくるなら All Rights Reserved.